コミュニケーションの基本(5)「【人を変えるのは難しい、自分が変わる】の本質」

コミュニケーションの基本(5)「人を変えるのは難しい、自分が変わる、の本質」

前の記事 コミュニケーションの基本(4)「悪口・噂話=守秘義務違反」

「人を変えるのは難しい、自分が変わる」を理解しましょ

この言葉、よく聞きませんか?

この言葉の本質を理解したのが、私最近でして(笑)。この結論に至った時に、若干小躍りをしたであります(笑)。

以前の私は、 「自分と違う考えや価値観の言動・行動を目にしても、人を変えるのはムズカシイのだから、自分の考えや価値観を変えましょう」 的な解釈をしていたワケです。そんな考えていたの私だけかな(;’∀’)。

でも、私が以前管理職をしていた時に相談があって、結構「人を変えるのは難しいよ」と伝えると、「自分の考えを変えないとですかね~」という人が多かったような。案外、こんな考えている人も多いのかな、と。

ちなみに私の長い研究(笑)から至った結論は、

「人を変えるのは難しいんだから、その違いは気にしないで、とにかく自分に集中する。自分が人間性や知識を身につけて、人から信頼されるように努力する。信頼されたその先に、自分が影響力を持ち、人を変えることもできる。」

自分を変える=他者から信頼される言動と行動➡相手を尊重し、信頼関係を作っていく➡自分を影響力を広げていく

というような流れで、自分を変える=信頼されるよう努力する、と私は思ったのです。

もうすでに「他者ではなく、自分のことに集中する」という項目で、少しお話していることではあります。

そこではですね、「どうなりたいか、を決めてから時間とお金を投資する」なんてことを話しましたけどね。

ここではコミュニケーションについて話をしていますので、「人に影響力を与えるコミュニケーション」という前提で、もう少し掘り下げていきます。

「人との違いを気にしないで」というのは、今までお話してきましたよね。違いがあるのはしょうがない、違いは受け止めて、人の悪口や噂話などしなくてもいいように、思考回路を変えてしまいましょう、と(だいぶ要約してますが(笑))。

あとは、自分に集中するだけです。自分が「できること」をする。他者のことはいいんです。

そして、思い出してほしいのが、

「注意や指摘を受けた時、すんなり受け入れることができる人いませんか?」
「同じことを言われているのに、人によって自身の受け入れに違いはありませんか?」
「自分もこうなりたい、と目指すべき人間性を持った人はいませんか?」

というところ。

今まで話してきたところではですね、「他者に求めすぎない」「良し悪し判断をやめる」「感情をコントロールする」ということで、この思考法である程度メンタルも安定させることができます。

精神的に安定をすると、「感情の波が少ない人」「機嫌の差がない」という評価にもつながります。

そして悪口を言わない、というのは「人のことを悪く言わない」という評価につながります。

そしてそして、総合して「機嫌に波がなく、誰にでも同じ対応。そして人のことを悪く言わない。噂話もしないから、安心して自分の本心を話すことができる。」といった感じにつながっていきます。

その上で、

「与えられた仕事を丁寧に行う」
「期待に応える」
「人からの指摘は謙虚に素直に受け入れる」

なんてしていくと、信頼というものが積みあがっていきます。

さらにその上に、人より優れた専門知識などがあれば、さらに積み上がる。

「相手に認められるよう、人格や能力を高める」ということもできますかね。そこに集中する。

人のことを言いたくなる気持ちもわかりますが、まずは「自分はできているのか」と考える。できていなければ改善する。メンタルが落ち着いていれば、案外前を見ることができる。

前にも伝えましたけどね、この文章全体で伝えたいところは、ココです(^^)。

「メンタルを落ち着かせる思考回路になって、コツコツ自分を高めていきましょう。そうすると人間関係も改善し、さらにメンタルが安定する。自分を高めると視野も自分の可能性も大きく広がります。」

こんなとこです。

人間には承認欲求というものがありましてね。人の悪口を言う、とか、自分を必要以上に高く見せる(見栄や自慢などですね)、とか、とにかく「自分を認めて欲しい」という欲求があるんですよね。人によって違いはありますけど。

でも、悪口や見栄、自慢なんかはかえって承認されない(笑)。自分を認めてもらうには、とにかく自分のことに集中して、自分を認めてもらうまで待つ、これが基本。

結局、承認欲求が高い人というのは「人からよく見られたい」という思いが強く、理想と現実理論で言うと「理想が高い人」になりますので、案外脆い。精神的にはきついですよ。

抜けているところがあってもいんですけどね。もちろん、ポイントは押さえないといけませんけど。でも最近は「ギャップ」を出すこともいいんじゃないかな、なんて思ったりもしています。

「スゴイ」とか「正しい」なんて評価は所詮、他者がするものですのでね。他者の評価なんてあまり気にせず、とにかく自分のことです。認められるように努力する。急がば回れ。

そして、ここからは例えバナシ。

仕事での場面。新人さんがいきなり、先輩の仕事っぷりに意見をしてきました。まあ、心が広い先輩だったらですね、「自分で気づいていないところを言ってくれてありがとう」なーんていう言葉も聞かれるかもしれないんですけどね。

まあ大体は「自分の仕事もままならないうちから」と少しKYな感じで受け取られるのではないですかね。おそらく、ですよ。

自分の考えを持って、その意見を表現する、というのも非常に大事な部分ではあるんですけどね。そこは自分の教えてもらう立場とか、その他モロモロ考えて、まあ自分が仕事で認められてからのほうが、意見は通りやすいでしょうね。

まずは自分が出来ることをキッチリとこなす。相手が求めているもの以上のことをする。そんな能力があれば、ワザワザ自分から「ワタシ、スゴイんです!」なんて言わなくても、評価されますから。自分ができることに集中したほうが良いですよ。急がば回れ。

また、私は介護の仕事をしていますが、人の流れ(転職)というものが活発でですね、色々な経験や知識を持った方が職場に入ってくることも多いんですよね。で、能力の高い人ほど、新しく入った職場の仕事の仕方に対して意見を言いたくなるもんなんですよ。

でも、いくら言っていることが正しいことでも、今まで築き上げてきたことのリスペクトもなしに、いきなり批判とか意見とか言っても、なかなか受け入れられない。

まずは自分の仕事に集中して、「周りから認められてから」のほうが良いですよ、そんな場合も。郷に入れば郷に従え。急がば回れ。

極端な話、自分の思い通りに仕事をしたり、相手を動かしたいのであれば、周りに認められて、かつ役職ももらって、上に立てば良い話。

影響力を持てる人になってから、重要ポジションを持ってから、自分のしたいことを徐々に広げていく。成果を出すには「人を動かす」ような能力もないとダメですけどね。

最終手段は自分で事業運営(笑)。自分のしたいようにするのであれば、自分で事業をするのが一番。でもそれができないのであれば、ある程度の忍耐は必要ですよね。少しでも自分の考えを広めたいのであれば、影響力を持つよう努力する。

「自分ができること」「周りとも歩幅を合わせること」などの努力もせずに、人や組織の粗さがしばかりしていたら、だんだん相手にされなくなります、悲しいかな。

夫婦関係でも同じことが言えるかもですね。家事を妻に任せっぱなしで、食事や掃除の仕方に不満を言う。妻からするとたまったもんではありません(;’∀’)。普段から自分も家事をして、「してもらっていることにリスペクト」して、その上で「こうしてほしいなあ」なんて言えば角が立たない。と思う(笑)。

人を変えるのではなく、自分ができることを考え、自分ができることに集中をする。信頼関係が出来てから意見と修正。

上司と部下でも一緒。部下に認められる仕事をしているか、指導方法は適切か、部下の考えも尊重しているか、なんてことが必要ですよね。威張ってばかり、自分の仕事は棚に上げ、部下に頭ごなしでギャンギャン、これでは恐怖で人を動かしているだけ(;’∀’)

まあとにかく、「人を変える」には、それなりの「影響力」が必要になるワケです。

でも、私も今まで出会った人、まあ介護の仕事での出会いが中心ですけどね、やっぱり「現状」に対して「過去」を見つめて、あれやこれや「評価」をしてしまう人が多い、という印象。

でも大事なのは、やっぱり「未来」。この先どうしたいのか、今からどうするのか、その辺がとても重要です。

過去の出来事にあれやこれや、心を揺らさずに、今からできること、自分ができることに集中。すぐに効果が出るものではありませんが、1年2年…5年…10年と時間の経過とともにジワジワ効いてくる(笑)。

ささ、「人を変えるのではなく、自分が変わる」、実践していきましょ。

ここからは、コミュニケーションをする上で、「ちょっと頭に入れてみてはどうでしょう」ということを話していきますね(^^)

ここまでのポイント
  • 理想と現実に差がある時、心が揺れ動く(喜怒哀楽)。
  • メンタルを安定させるために その1「理想を落とす」。
  • 介護の仕事の給料は「低いけど安定している」。これをどう受け止めるか。
  • 「介護の仕事は私生活の場で行われるので、関わる人達のマイルールがぶつかりあう。」人間関係が難しくなるのは当たり前のこと。
  • 「人によって違いがあるのは当たり前、特に私生活の場では当たり前の当たり前。他者に期待しない。」
  • メンタルを安定させるために その2「現実を上げる」
  • 「他者や世間一般は気にしないで自分を見つめる」。自分がしたいことを目指して、1日15分でいいからコツコツ積み上げる。継続できる方法を探す。
  • 「違い」に対して、良し悪しの判断をするのをやめる。そうすると「違い」を受け入れられるようになる。
  • 目の前で起こる出来事の「反応」は自分で選択することができる。状況を一旦飲み込み、冷静に「適切な反応」を選択する。
  • 「問題」を「解決すべき課題」に変換して考えると、頭の中が冷静になる。
  • 「自分と相反する考え方・価値観は、その人から切り取ってしまいましょう」
  • 「悪口・噂話=守秘義務違反」と考える。いくらコミュニケーションをうまく取れているとしても、悪口・噂話をしていると信頼関係は作られない。
  • 「人を変えるのではなく、自分が変わる」というのは無理に自分の考えを変えることではなく、自分が出来ることに集中し、周りへの影響力を変えること。

次の記事

コミュニケーションの基本(6)「人は否定されるのを嫌がる」 コミュニケーションの基本(6)「人は否定されるのを嫌がる」

「介護職のメンタルヘルス」分割版メニューへ

「介護職のメンタルヘルス」通し版へ

ヤマナオ総合福祉からのお知らせ

「福祉タクシー」「社会福祉士・行政書士事務所」の開業準備中です(2021年7月頃予定)

「介護保険外サービス」「各種セミナー・研修講師」の対応はしております。

お問い合わせフォーム