ヤマナオ総合福祉 運営者自己紹介

ヤマナオ総合福祉 運営者自己紹介

山本 直広
山本 直広

ヤマナオ総合福祉を運営しております、介護福祉士・社会福祉士・行政書士(登録準備中)の山本直広です。介護と相談援助と法務の専門家として、皆様のニーズに幅広く対応いたします。

経歴から紹介させていただきますね。

1978年北海道生まれです。血液型O型。祖父母・両親が北海道出身。生まれてからすぐに神奈川県へ。神奈川県相模原市で育ちます。途中、長崎県佐世保市へ、2020年8月に相模原市にUターン。

地元の県立高校を卒業後、東海大学体育学部に入学。学生のころは勉強嫌いで、高校生の時に英語で赤点を取ったことがあります(笑)。大学はスポーツ推薦で入学しています。高校生の頃にたまたまアメリカンフットボールをしていまして、幸運なことに大学からお声をかけていただきました。

運動神経はあまり良いほうではないのですが、身長が高い(190cm)ため目に留まったようです。ちなみに身長が高く威圧感ありますが、性格的には威圧感ありません(笑)。

77番が私です。大学入学後もスポーツ中心の日々でしたが、度重なる怪我(骨折3回、アキレス腱断裂1回➡手術3回💦)もあり、アメリカンフットボールではたいした実績なし。チーム自体は強かったんですけどね。

と、高校・大学と勉学はそっちのけで卒業した結果、社会人になり苦しみます。最初に就職したところ(某フライドチキンファーストフードチェーン)で社会の荒波に飲み込まれ、精神的に追い詰められ退職しました💦。

「この先の人生どうしよう、今のままでは自立した生活なんて無理」

と考え始めます。24歳にしてようやく尻に火が付きました(笑)。「福祉関係の仕事なら、仕事がなくなることはないだろう」という安易な考えで福祉系の資格取得を目指します。

社会福祉士の資格を取るために通信制の専門学校に入学、と同時に介護の仕事のアルバイトを始めます。勉強嫌いだった学生時代の反動か?、その後は資格取得や読書に目覚めていきます。

取った資格
  • 介護系の資格(社会福祉士・介護福祉士・介護支援専門員・福祉住環境コーディネーター2級)
  • 行政書士
  • 終活系の資格(終活ライフケアプランナー・終活カウンセラー初級)
  • 他資格も多数(両手分くらい(笑))ありますので、何かお役に立つことができるかもしれません。今は使いどころがありませんが、溶接の資格も所有しています(笑)。
仕事の経歴

介護職
➡長崎県へ
➡特養の生活相談員・ケアマネジャー・管理全般
➡在宅のケアマネジャーと医療ソーシャルワーカー
➡サービス付高齢者住宅のケアマネジャー・併設事業所管理全般(訪問介護・訪問看護・デイサービス・居宅介護支援)
➡行政書士事務所を作るため現場へ
➡本業:介護、副業:行政書士事務所
➡相模原にUターン
➡派遣介護士&開業準備(行政書士一旦登録抹消)
➡(予定)福祉タクシー+介護保険外サービス+社会福祉士・行政書士事務所

好きな本
  • 七つの習慣
  • 人を動かす
  • マネジメント
  • 嫌われる勇気
  • 置かれた場所で咲きなさい
  • 俺か、俺以外か

と、ここで、行政書士の資格を取得した経緯をお話しておきます。

有難いことに、介護の仕事では管理職や経営に係わる経験もさせていただきました。そんな責任ある立場になった時に、ふと「法律も知っておいた方が良いのでは?」と思ったわけです。

どうせ勉強するのであれば資格を、と考え行政書士の資格取得を目指します。少し自慢ぽく聞こえるかもしれませんが(笑)、それまで挑戦した資格は全て一発合格。行政書士も案外行けるだろう、なんて安易に考えていました。

結果は4回不合格💦。5回目の試験でようやく合格に至ります。

やはり士業と呼ばれる資格は非常に難しい。特に法律を勉強するのは始めて(私は体育学部卒です)でしたので、最初は条文にクラクラきてました(笑)。

ただ、5年間毎日、1時間ずつくらいですけどね、ほとんど休まずに勉強を継続できたことは自分を褒めてやりたい(笑)。私のモットーのひとつは「継続は力なり」です。

なんとか合格できた行政書士ですが、資格を取った目的が「管理職として法律を知っておかなければ」ということでしたので、独立開業というのはあまり考えていませんでした。

ですが、段々と「組織に属して働いていると、自分が貢献できることも限られてくる。せっかくたくさんの貴重な経験もして、勉強もした。ひとつの組織に縛られず、自分の能力を必要としてくれる人の役に立ちたい」と思うようになります。

当時住んでいた長崎県佐世保市で一度は行政書士の事務所を作りましたが、今後のことをよく考えた末に、 地元の相模原市で地域に密着した事業をしたいとの思いから、2020年8月地元の神奈川県相模原市にUターン。

私の基本は「介護職」。介護の分野で何かお役に立ちたい。行政書士の業務はそれに付随して、必要な方には法務支援もする、というスタンスです。

そして、当初は「介護保険外サービス」+「社会福祉士・行政書士事務所」での開業を目指していましたが、どうしても「移動支援」というのが引っ掛かりまして。というのも、私が外出先に付き添う場合、依頼者は「私のサービス費+タクシー料金」を支払わなきゃいけない(;’∀’)。

……だったら、自分で移動支援もしてしまおう、という発想に(^^)

ということで、2021年1月に普通二種免許を取得。現在は福祉タクシー事業許可の取得を目指して準備中です。事務所探しから許可申請等々ありますので、2021年9月頃の開業を目指しております。

特に「私がしたいな」とイメージしていることは「行きたい場所にお連れして、付き添いまで行うサービス」。

ちょっと思い出話になりますが…

以前、老人ホームで働いていた時(生活相談員兼ケアマネとして)に、入居されている方の子供さんから、「ばあちゃんを孫の結婚式に出席させたい。付添いもお願いしたい。」との要望が。

介護施設で特定の人だけに、勤務中の職員が付き添う、というのは難しいんですよね。人員の問題もありますし、特別扱いするワケにはいきませんしね。

ですが、その願いを叶えてあげたい。

でも勤務中は対応が難しい。ということで、私が休日にボランティアで付き添うことになりました。移動は自分の車で。いや、今考えると、非常にリスキーな選択です(笑)。本当はダメだと思います、色々と。

まあ、その辺は置いといて、当日お孫さんの結婚式にお連れし、自分が排泄介助など身辺のお世話をしたワケです。

結果、本人も子供さんもお孫さんも大喜び。泣いて喜んでました。私も自己満足。ボランティアのつもりで対応しましたが、「どうしても受け取ってください」と謝礼金もいただいて(かなり断りましたが、負けました)。

その時思ったのは、施設に入居したり、身体が不自由で、「行きたいけれど行けない」という状況の方も多いのでは?、ということ。

そういう方の移動と介護をお手伝いしたい。

そしてちょっと良いカメラで写真を撮ったり、その写真でDVDを作ったり。そんな充実した時間と思い出を作るお手伝いがしたいな、と。

もちろん、その他の色々なニーズにお応えすることもできます。

社会福祉士と行政書士の資格を活かして、介護や認知症に備える「財産管理や相続、後見」といった終活支援(ちなみに、終活という言葉はあまり好きではないので、私は「備える活動」と呼んでいます)。

また、

オムツ交換などの身体介護もできますし。

認知症や介護のこともよく知ってますし。

転倒しないような環境を整えることもできますし。

結構な種類の施設で働いていましたので、老人ホーム探しのお手伝いもできますし。

パソコンの使い方も教えられますし。

法律も知ってますし。

相談援助の専門職ですし。

話しやすいと言われますし(笑)。

基本は介護職ですが、法務についてもお任せ下さい(^^)

「困った」や「不安」や「あれがしたい、これがしたい」というご相談に、幅広く対応することができます。

ヤマナオ総合福祉をどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

ヤマナオ総合福祉からのお知らせ

「福祉タクシー」「社会福祉士・行政書士事務所」の開業準備中です(2021年7月頃予定)

「介護保険外サービス」「各種セミナー・研修講師」の対応はしております。

お問い合わせフォーム